« ジム三昧 | トップページ | 寒い日は… »

2008年1月17日 (木)

あれから13年

今日は1月17日、そう阪神大震災が起こった日ですね。
今でもあの日のことは鮮明に覚えています。
あれからもう13年も経つのですね・・・

今日はテレビやニュースで追悼式の様子やあの日の映像などが放映されていましたが感慨深い思いで見ていました。

当時豊中に住んでいた私の家もけっこう揺れました。
寝ていたら少々のことがあっても起きない私ですがさすがにこの時ばかりは目覚めました。
鏡は飛んでくるし揺れは長いしあの時の恐怖は脳裏に焼きついています。
が、幸いガスと電気が一時ストップしたが大事には至らずあの時は神戸の街があんな風になっているとは思いもしませんでした。
なのでラジオで阪神高速が倒れているという住民の情報を聞いた時は本当にびっくりしたのを覚えています。

今日追悼式の様子や被災者のインタビューを聞いてまた心が痛みました。
私ですら1.17はあの頃を思い出して悲しい気持ちになるのだから家族を失った方の悲しみははかりしれない。
何年経っても家族を失った悲しみは消えないだろう。

誰のせいでもない、自然の猛威の前では人間は無力なのだ。
事件や事故と違って気をつければ再び起こらないものではない。
地震はいつまたどこで起こるかわからないのだから怖い。

それまで平穏に暮らしていた人生がある日突然変わってしまう。
それがいつわが身に起こるかもわからない。。。

悲しみは突然訪れるのだ・・・

今幸せでも明日はわからない。
明日何が起こるかは誰にもわからないのだから。。。

被災者の人達は人一倍生きることの意味をそして大切さを感じているように思いました。

亡くなった家族の分も生き残った自分が頑張って生きようとしている人達の姿を見て、生きるということの意味を痛感しました。

私の好きな言葉で

  「あなたが空しく生きた今日は、 

       昨日死んでいった者があれほど生きたいと願った明日」

というのがある。(昔にも書いたことがありますが・・・)

生きたいと思っても生きられなかった人の分も
生きている限りは精一杯生きなくてはいけないんだ、と思う。

が、普段はついつい忘れてしまう。
だらだらと当たり前に生きている。
が、今日はまた改めて生きることの大切さを思い知らされたそんな1日でした。
亡くなった6434人のご冥福をお祈りしたいと思います。

|

« ジム三昧 | トップページ | 寒い日は… »

コメント

まこちんの「あれから13年」、感慨深く読みました。
私にとっても震災の第一報は衝撃的でした。
「テレビがつかない。何が起こったかわからない。今すぐテレビつけて!」
と友人からの℡で目をさましました。(当時私は大阪に住んでませんでした)
テレビに映し出された光景に言葉を失いました。そしてまず、友人たちの安否が気になり、たまらなくなりました。幸いにも犠牲者はいなかったけど、お家が壊れたなどの被害はありました。
私の中ではもうひとつ、スマトラ沖の地震。私の住んでたスリランカでは3万人の方が津波で命を落としました。その光景はまるで地獄絵図のようでした。
まこちんが言うように、自然のの猛威の前では人間は無力。
そして今こうやって不自由なく生きていることは当たり前ではないと言うこと、実感しますね。今日を、今を大切に生きたいね^^

投稿: sao | 2008年1月18日 (金) 14:15

まこちんさんの好きな言葉・・・ジーンと、いや、ガーンと心に響きました。
今日があって、明日が来るのが当たり前って思っているけど、本当はそうじゃない。毎日を無駄にしないように、しっかりと生きなければいけないんだなと思いました。
人と比べるのではなく、自分に恥ずかしくない毎日を過ごそうと思います。
いい記事を書いてくださって、ありがとうございます。


投稿: みったん | 2008年1月18日 (金) 22:57

私の家も相当なものでした。家の中のものはほとんど倒れていて、水道なんかもしばらく消防署にもらいに行っていたような・・。
揺れている間の稲妻のような光も忘れられません。
何気なく過ごすということはとても幸せなことなんですよね。義理姉が子供病院に勤めていて、生まれてから一度も外に出たことがない子供もたくさんいる。健康だけでありがたい!と酔うと説教されます(笑)。でも本当にそう思うわ。震災、病気に加えて事件等々、TVの中でのことが自分とは無関係のように思えるけど、同じく幸せに暮らしている人の突然の悲劇であることを感じながらニュースをみています・・・。

投稿: aki | 2008年1月19日 (土) 15:03

★saoちゃんへ
そっか、震災の時には大阪に住んでいなかったのね。
メディアの情報見てびっくりしたでしょ。
私もこんなことが実際身近に起こるなんて…と現状を受け入れられませんでした。
saoちゃんはスマトラ沖の地震の被災者なんだね。
あのニュースもとても胸が痛みました。
モルディブに行った時に仲良くなったモルディブ人がいてその島もかなり被害を受けていたのでとても心配しました。
あとで無事だと知りほっとした記憶があります。
自然の猛威とは言え二度と起こって欲しくないですね。
でもいつまた起こるかわからない。
いつ何が起こってもおかしくない人生だから今を大切に生きることが大事なのだとまた改めて思いました。

投稿: まこちん | 2008年1月19日 (土) 16:22

★みったんさんへ
この言葉はだらだらと無駄に時間を過ごしてしまった時にいつも自分自信に言い聞かせる…そんな戒めのような言葉です。笑
でも普段からとても大切にしている言葉なのです。
(それくらい空しく生きた今日が多いのかも?(^_^;))

私はやりたいと思ったことは後延ばしにせずできるだけすぐに行動に移すようにしています。
(やらなきゃいけないことは後延ばしになってますが…汗)
出来る時に出来ることをする。
だいたい人間って出来なくなって初めてすればよかったと思うものだ。
いつその期限が来るかわからないのだからしたいことはしたい時にしよう…それが私の楽観的(?)考えです。
その為にも毎日を無駄にせずに生きたいですね。

投稿: まこちん | 2008年1月19日 (土) 16:38

★akiちゃんへ
akiちゃん家は水道も止ったんだ…それは大変だったね。
稲妻のような光って何?何?私には見えませんでした。
TVでの事件やニュースも自分とは無関係に思えるけど、ほんと自分と同じようにそれまで普通に暮らしていた人たちが被害者なんだよね~。
なので私はいつもニュースを見てこれがもしも自分だったらと想像して感情移入して見てしまうのだ。
義理のお姉さんのお話も心が痛みますね。
そんな話を聞くと少々の困難や悩みなんて乗り越えられるような気がします。
健康で普通に毎日を暮らせるのが一番ですよね。
そしてその毎日を精一杯生きられるように頑張りたいと思います。

投稿: まこちん | 2008年1月19日 (土) 16:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ジム三昧 | トップページ | 寒い日は… »